Re島ブログReto-Channel Blog

新上五島で見つけたときめき。|だんだん(新上五島町)#20

新上五島町の旅が終わってしまった〜。
バシバシ撮りまくった写真を振り返っては、思い出に浸る。

あ〜えび屋さんの夕飯で出た五島うどんの地獄炊き。美味しかったな…。
このキラキラのお肉また食べたい。

マルゲリータから見た朝日は本当にきれいだった…。沁みたなぁ。

朝ごはんで食べたアップルパイ、寝起きの贅沢って幸せだなぁ。

道端で釣りしてたおばあちゃんの知恵。その辺の石を積み上げて作った釣竿置き場。なるほど持ち上げやすい…。おばあちゃん、可愛くてかっこよかったな。

あぁ、なんかもう懐かしい。
美味しいご飯も、リラックスできる宿も、優しい人たちも、
島にいる間ずっと胸キュンの連続だった。

胸キュンといえば、私の旅のミッション…。

「ときめきを感じよ」だった!

 

新上五島町は何もかもが良くて、ずっと「素敵ですね〜!」って言い続けてたから、ミッションは余裕でクリアしてるはず!

でも、せっかくなのでいちばんときめきを感じたBEST OF ときめき!を振り返っておきたいなと思う

何年たってもきっと忘れない位ときめいたな〜と思うのは、やっぱりここかも。

かつて隠れキリシタンが暮らしたという、キリシタン洞窟。

真っ暗な洞窟に、少しだけ光が差し込んでた。

隠れキリシタンの出来事は大昔の話だと思ってたので、実はまだ隠れキリシタンとして生きている人がいることは衝撃的だったし、信仰を貫くためにこんな真っ暗な場所で暮らしてた人がいたことも、私の日常からは全く想像のつかないことでショッキングだった…。

やっぱり自分の知らない世界みたいなものに触れる瞬間が一番ワクワクするし、ときめくなぁって思う。旅に行くとき、私はそういうときめきを求めてて、だから自分の生活とより遠い海外に行くほうが好きだった。

でも今回新上五島町に来てみたら、初めての体験がたくさんあって。しかも、その衝撃度がなかなか高くて…。

キリシタン洞窟もそうだけど、樹齢650年を超えるあこう樹が当たり前のように住宅街の中にあることも、そもそもこの小さな島に29個もの教会が点在していることも、実は島の形が十字架になってることも…新上五島町はワクワクする未知との遭遇で溢れてた。

きれいな自然とか、かわいくておしゃれな宿やお土産がちゃんとありつつ、自分の世界を広げてくれるようなスポットもある。小さな離島だからってナメてたら損だなーと思う。

九州にこんなに面白い島があるとは、まさに灯台下暗し。
知らない世界を冒険したい人にこそ、新上五島町の旅をオススメしたい!


(終わり)