Re島ブログReto-Channel Blog

地元ライターが思う福岡〜離島のギャップ<壱岐島編>沖縄にしか無いと思っていた「鮮やかな青」と「癒しの青」

シンガポール経由でバリ島へ出掛ける海外旅行ように、日本の人気都市・福岡市から直行できる「福岡経由離島行き」を楽しめる国内の人気離島5島(壱岐・対馬・上五島・五島・屋久島)の地元ライターが、それぞれの島の魅力を伝えるRe島プロジェクト2018。あなたも福岡の魅力、離島の魅力がまるごと楽しめる旅へ出かけてみませんか?

初回は「福岡市と離島のギャップ」をテーマに、各島のライター陣が島の魅力をお届けします。

福岡市内からわずか1時間の船旅で、癒しの海へ

福岡から壱岐島へ行くには、博多駅にほど近い博多港から船で約1時間。

わずか1時間の船旅なのに、それだけで「自然を感じ、ゆったりとした時の流れを過ごすことができるのだ」と、何度も壱岐島を訪れてくれる友人が言っていました。

友人曰く「おどろくほどキレイな壱岐島の海はずっと見ていられるし、とにかく魚が美味しくて最高だから、定期的に行きたくなる」と。

実は、本当にその通り。
大都会・福岡市からたった1時間で、南の島のリゾートのような静かで美しい海がたくさん広がっているのが、私が暮らしている壱岐島なのです。

かく言う私も出身は福岡県。
2年半前に母の故郷である長崎の離島・壱岐島に移住をしてきた、渡辺菜津美と申します。

離島に暮らしているといっても、実家のある福岡と壱岐島は目と鼻のさき。船で最短1時間という気軽な距離感に存分に甘え、恋しくならないほどに福岡〜壱岐島を行き来しながら島ぐらしを満喫しています。

壱岐島には祖母も暮らしていたので、記憶がないほど小さな頃からよく遊びにきていましたが、今は住むまでは気づかなかった島の魅力にとりつかれ、島外から友人を呼んでは、島内の好きな場所を案内しています。
 
というわけで、今回は大都市・福岡からたった1時間で体験できるギャップをお伝えするべく、私自身が魅了された壱岐島でも2つ海を紹介させていただきます。

鮮やかなエメラルドグリーンの海

1つ目は、福岡市内からたった1時間の壱岐島で楽しめる、エメラルドグリーンの海を楽しめる無人島です。

その名も「辰の島(たつのしま)」。無人島というだけでわくわくするのは私だけでないはずです。

壱岐島の北部、勝本港(かつもとこう)から遊覧船に乗ること約20分。晴れた日には乗ってる船の影が海底に映るほどの透明な海が迎えてくれます。

辰の島遊覧船では、島をぐるっと遊覧するコースと、遊覧のあと島に上陸できるコースが選べます。遊覧コースは、エメラルドグリーンの海に浮かぶ体験はもちろん、せまり来る迫力満点の岸壁を楽しむことができます。

個人的には、島をまるごと堪能できる上陸コースが断然おすすめ。次の船が来るまでの40分ほどの間に、ちょっとしたハイキング気分で島を一周散策できます(さくさく進んだ場合)。

一番高いポイントまで登ると、見渡す限りに水平線がぐるっと広がり、地球の丸さまで感じることができる壮大な絶景が。なんとも気持ちのいいスポットです。

おすすめの過ごし方は、チケット売場の横にある売店で、壱岐名物の「かすまき(カステラ生地であんこを巻いたお菓子)」とお茶を購入し、ハイキングの途中でのティータイム。晴れた日は特に最高です。
 

辰の島には海水浴場もあるので、夏はもちろん海水浴も◎。
ビーチの砂が少し粗いので、海に入る場合はサンダルを持っていくのがおすすめです。
 
辰の島遊覧船
3/21~11/30 ※個人・グループは予約不要
お問合せ 0920-42-2020(勝本町漁協観光事業)
https://www.kankai.net/jf-k/page/tosen.htm

誰かを連れていきたくなる、癒しの道

2つめは、つい誰かに教えたくなるような、でもそっとひみつの場所にしておきたいような、とっておきの景色がひろがる素敵な場所。壱岐島の南東部にある石田町の小浜(こはま)~乙島の浜(おとしまのはま)~大浜(おおはま)のお散歩コースです。

小浜から歩きはじめ、壱岐空港の滑走路の端っこをぐるっと折り返して少しすすむと右手に波しぶきがあがる磯場がみえます。

そこからまた少し進むと、小さな丘の先がぱっとひらけ、目の前にブルーのグラデーションが美しい大浜が現れます。

ゆったりしたお散歩コースの途中に、大浜の青が広がるこの瞬間。心が穏やかになるような歓びに出会えます。 

海の透明度とさらさらした砂のビーチ、岩場ごしにみる深い青の海。どれをとってもリラックスできる、癒しのコースです。

壱岐島には他にも魅力的な海がたくさん。詳しくは「壱岐砂浜図鑑」をチェックください。

福岡市内からたった1時間で体感できる、癒し力満載の壱岐ブルーな海で、お気に入りのスポットを見つけてみてくださいね。

 

【ライタープロフィール】
渡辺菜津美(わたなべ・なつみ)。福岡県出まれ。福岡での雑貨や服の販売の仕事を経て、2016年に母の故郷である長崎・壱岐島へ移住。壱岐水産で「うに」の営業を担当しながら、時期になると休日はうに漁へいく。壱岐の身近な大自然と、魚食中心の生活が気に入っている。