Re島ブログReto-Channel Blog

福岡で美味しい魚を楽しんだ後は、釣り人の聖地・五島列島は新上五島で「釣り」を楽しんでみませんか?

人気都市・福岡を訪れる人も、福岡に暮らす人も意外と知らないのが、「福岡は離島も近い」こと。福岡を楽しむみなさんにお届けしたい、福岡から近い離島の魅力を、島に暮らす地元ライターが紹介します。

(取材・文 新上五島町ライター 竹内章)

玄人から初心者まで楽しめる新上五島の「釣り」

島で楽しむアクティビティといえば、海水浴やダイビングを思い浮かべる人も多いと思いますが、新上五島町に暮らす僕のイチオシは何といってもフィッシング!

釣りは僕個人の趣味でもあるので、ブログ(離島ライター事務所ツムギヤブログ「釣り人の聖地 五島列島釣り日誌」)でも新上五島町の釣りライフを紹介しています。

そんな僕が思うのは、新上五島は経験のある釣り愛好家から初心者まで、幅広い人が釣りを楽しめる環境が整っていること。美食が集まる福岡で美味しい魚を満喫した後に、博多港から新上五島へ移動。釣りたての魚も楽しんでみるという旅はいかがでしょう?

ここでは、新上五島で楽しめる「釣り」を紹介します。

普段から、釣りを目的に本土から新上五島にやってくる人は少なくありません。経験のある愛好家は、陸から離れた海上にある「沖磯」に渡船で上陸し、本格的な道具でメジナやヒラマサなどの大物を狙ったりしています。

ですが、新上五島では愛好家だけでなく、家族連れや若い女性グループ、お年寄り、初心者などでも十分、釣りを満喫することができます。

「釣りの道具なんて持ってないけど」という方もご安心を。島の旅館などで初心者用の釣り道具の貸し出しを行なっていますので、手ぶらで島に来ても大丈夫!(ただし、レンタル料などの詳細はホームページに記載がないケースもあるので、あらかじめお電話などで確認しておくことをおすすめします)。

では、どこで釣ればいいのか。新上五島には港がたくさんあるので、釣り経験のないお子さんや女性でも、足場の良い堤防などから安全に釣りを楽しんでいただけます。

「堤防から釣れるの?」と思われる人もいるかもしれませんが、ここは、やはり離島。侮ってはいけません。沖磯に負けないくらいの大物が釣れることもたびたびあるのです。

実際、僕も島に移住して間もないころ、堤防でぼんやり釣りをしていたら見たことがないくらい大きなシーバス(スズキ)がヒット! あまりの大きさに陸に引き揚げられなかった思い出があります。

新上五島で釣れる人気の魚3種

では、新上五島ではどんな魚が釣れるのでしょうか?

五島列島の近海は、釣り人の間では「魚種が豊富」な海域として知られています。そんな五島列島のなかでも、新上五島でヒットする人気の魚を3種類紹介したいと思います。

まずは「メジナ」。

新上五島を代表する魚で、長崎地方では「クロ」と呼ばれています。

ずんぐりと愛らしい顔をしていますが、釣れた時の引きは強力。本土からやってくる愛好家のメーンターゲットとしても知られています。

仕掛けを潮の流れに乗せながら釣る「フカセ」と呼ばれる釣り方が主流ですが、繊細さを求められるところが難しい部分であり、楽しみでもあります。手のひらサイズであれば、まきエサを詰めたカゴと針が沢山ついた仕掛けを使った「サビキ釣り」でも意外と簡単に釣れます。

島でのシーズンは12月~3月の冬場と、5~6月の梅雨時。特に冬場釣れるメジナはとても味が良いと評判です。

次は「アオリイカ」。「ミズイカ」とも呼ばれるイカです。

アオリイカは、なんといっても味が絶品! 食味の良さはイカの中でもトップクラスだと言われていて、スーパーで買うと島内でもそれなりのお値段になります。

小アジなど生きたエサを使った昔ながらの釣り方もありますが、近年の流行はエギという疑似餌を使った釣り方。手軽なうえ、餌を触って手が生臭くなる心配もありません。

アオリイカは釣り上げた後、スミを吐くことが多いので、ポイント探しは簡単かもしれません……。新上五島では島の人がアオリイカを釣っている風景を本当によく見かけます。

最後は「カサゴ」です。地元では「アラカブ」と呼ばれます。

年中釣れるとてもポピュラーな魚で、普段は岩の隙間などに隠れている「根魚」と呼ばれる種類。根魚は引きが強いことで知られています。

簡単な仕掛けを足元の堤防沿いに落とし込むだけで釣れることもあるので、初心者におすすめしたいターゲットです。

カサゴは頭がギザギザして格好いいので、釣り上げるとお子さんも喜ばれますよ!

「釣り」を通じたローカルトークは隠れた醍醐味

新上五島に限ったことではありませんが、釣りをしていると、地元の釣り人や漁師さんに話しかけられることが多くあります。僕の経験では新上五島で釣りをしている最中に、2時間で5人から話しかけられたことがあります。

「釣り人同士は、知らない人でもみな友達」のような雰囲気があり、「釣れますか?」というあいさつに始まり、情報交換をしているうち竿をほったらかしにして雑談に花が咲くこともあります。

都会だと考えにくいですが、海だとなぜか声を掛けたり掛けられたり、といったことが自然にあるので不思議ですよね。これも釣りの楽しみです。

島の魅力はそこに住んでいる「人」とも言われているので、地元の方とふれあってみてはいかがでしょうか?