Re島ブログReto-Channel Blog

新鮮な魚に地元焼酎、〆の五島うどんまで。五島列島の中心島で楽しむグルメ&ナイトスポット

人気都市・福岡を訪れる人も、福岡に暮らす人も意外と知らないのが「福岡市は離島も近い」こと。福岡を楽しむみなさんにお届けしたい、福岡市内から直行できる離島の魅力を、島に暮らす地元ライターが紹介します。

(取材・文 五島市ライター 橋本賢太)

五島の夜を楽しむグルメ&ナイトスポット

はるばる五島市まで遊びに来られた皆さんに、せっかくだから楽しんでいただきたいのが五島の夜。五島市には五島食材を使った美味しい居酒屋やバー、スナックもたくさんあるんです。

今回は、地元に住む私のおすすめコースをいくつかご紹介します。

ひとり旅におすすめ「ぐり家~美味求心~」

「ぐり家~美味求心~」は、五島の食材を中心に提供している居酒屋。リーズナブルで美味しく、雰囲気の良いお店です。

大将の作る料理はいずれもおいしく、カウンターで五島のおいしい食材を使った料理を食べながら、一人でゆっくり飲むことができる雰囲気の良いお店です(私もよく通っています)。

たまたま隣に座った地元住民や観光客と話が盛り上がってしまうこともよくあります。少人数から25名までの座敷席や個室もありますので、大人数の宴会などでも利用できます。

 

<ぐり家~美味求心~>
長崎県五島市三尾野1-1-14
TEL 0959-88-9686
営業時間/11:30~14:00、17:30~22:00
定休日/月曜

島の地名が名付けられたオリジナルカクテルを楽しめる「Bar CHIC(シック)」

「Bar CHIC(シック)」では、落ち着いた雰囲気のバーでJAZZを聞きながら、お好きなお酒と一緒にゆったりとした時間を過ごすことができます。

おすすめは「オニダケ」「アブンゼ」「ドウザキ」「タカハマ」「トントマリ」など、五島の地名を付けたマスターのオリジナルカクテル(700円~)。

また、パスタやピザなども絶品。マスターが作るパスタやピザは島内にも多くのリピーターがいます。マスターとカウンターでお話しながら、ゆっくりとお酒を楽しむことができます。

 

<Bar CHIC(シック)>
長崎県五島市末広町7-10
TEL 0959-72-6941
営業時間/11:00~16:00、20:00~26:00
定休日/ランチは日・祝日、ディナーは不定休

友達や家族との島旅におすすめの「いけす割烹 心誠」

「いけす割烹 心誠」はメディアなどでもよく取り上げられている人気店。

友人やお客さんが五島へ来島された時には必ずと言っていいほど案内しているお店です。

おすすめは昼なら「ビックリ弁当」、夜なら「釜飯御膳」です。どちらもボリュームたっぷりで、見た目も鮮やか。いつ食べてもまた食べに来たいと思う絶品料理です。

お店の雰囲気も良く、誰を連れて行っても満足していただけます。

 

<いけす割烹 心誠>
長崎県五島市福江町10-5 1階
TEL 0959-74-3552
営業時間/11:00~14:00、17:00~22:00
定休日/不定休

夜が深まったらスナックで♪ カラオケも楽しめる「ZERO」

気さくなマスターが迎えてくれる「ZERO」では、女性グループでもみんなでカラオケ歌いながら楽しい夜を過ごせます。

男女問わず、さまざまな年齢層のお客さんでにぎわう楽しいお店。夜も深まった時間には、まわりにいるお客さんとも仲良くなれること間違いなし。

 

<ZERO>
長崎県五島市中央町4-14 2階
TEL 0959-72-6939
営業時間/20:00~翌1:00(延長可)
定休日/日曜

せっかく五島に来たなら五島の酒を♪

ちなみに、せっかく五島でお酒を楽しむなら、五島生まれの焼酎もおすすめ。

五島列島酒造では、五島で収穫される良質な原料のみにこだわった焼酎づくりを行っており、芋焼酎「五島芋」は五島列島の伝統食「かんころもち」の原料となる甘みの強い食用のさつまいもを使用しています。そのため、フルーティーな香りがあり、さつまいもの優しい甘みを感じられるのが特徴。

「五島麦」は島の二条大麦を全量使用しており、麦の香ばしさと熟成によるほのかな甘みが特徴の焼酎です。島内ほとんどの飲み屋で扱っていますので、ぜひ味わってみてください。

五島の夜を〆くくるにはやっぱり「五島うどん」

飲み歩いた後の締めはやっぱり、五島うどん。「八波」は深夜2時まで営業しており、おいしい五島うどんを締めに食べることができます。飲み歩く方々にとても重宝されているお店です。

<八波>
長崎県五島市栄町5-15
TEL 0959-74-1091
営業時間/18:00~翌2:00
定休日/月曜

 

ほかにも、五島市内には夜も楽しめるお店がたくさんあります。
皆さんもぜひ、夜の五島を楽しんでみてはいかがでしょうか?