Re島ブログReto-Channel Blog

壱岐島は麦香る酒どころ?実は「麦焼酎発祥の島」。壱岐で楽しみたい7つの焼酎蔵をめぐるほろ酔い旅へ

人気都市・福岡を訪れる人も、福岡に暮らす人も意外と知らないのが「福岡市は離島も近い」こと。福岡を楽しむみなさんにお届けしたい、福岡市内から直行できる離島の魅力を、島に暮らす地元ライターが紹介します。

(取材・文 壱岐島ライター 渡辺菜津美)

麦焼酎が生まれた壱岐島で、ちょい飲み蔵めぐり

実は、私が暮らす壱岐島は「麦焼酎発祥の地」。16世紀ごろから島の風土と中国伝来の蒸留方法を活かした日本初の麦焼酎づくりが始まったと言われています。

今でも7つもの蔵があり、麦の香り豊かな麦焼酎をつくっています。

九州中の美食が集まる福岡でグルメを楽しんだら、少し足を伸ばして、麦焼酎の本場・壱岐島で美味しい焼酎を味わう蔵めぐり旅はいかがですか?(福岡から壱岐へのアクセスはこちらをご覧ください)

スコッチやバーボンとならぶ「壱岐焼酎」とは

高い山が少ない壱岐には、長崎県内でも2番目の大きさの穀倉地があり、昔から穀類作りが盛んだったことから麦のお酒造りが始まったそうです。

古代から続く米麹と麦をブレンドした壱岐焼酎は、どれも個性豊かで美味しいものばかり!蔵ごとに違うこだわりを知りながら各蔵自慢の焼酎を堪能できる酒蔵めぐりは、とても心躍ります。

壱岐でつくられる焼酎は「壱岐焼酎」として、スコッチやバーボン、ボルドーなどと同じく世界貿易機構(WTO)から地理的表示の産地指定を受ける、世界に認められた焼酎です。産地である壱岐で壱岐焼酎を味わうのは、ボルドーでボルドーワインを楽しむのと同じ。壱岐までやってきて味わうことには、かなりの特別感があります!

いざ、島の酒蔵巡りへ!

壱岐には島の東の玄関口・郷ノ浦町に3蔵、西の玄関口・芦辺町に3蔵、南部の石田町に1蔵の7蔵があります。壱岐島内とはいっても各蔵の間はなかなかの距離があるため、全蔵をめぐるのに徒歩はおすすめできません。

ハンドルキーパーがいる場合はレンタカーが便利ですが、せっかくなら試飲も楽しみたいもの。試飲を楽しむ場合は、島の風景を眺めながらのんびりバスにゆられるバス旅もおすすめ。

壱岐交通株式会社が、1日フリー乗車券を1,000円で販売しているので、ぜひ活用してください。

それでは実際に、いくつかの蔵をご紹介しましょう。

酒蔵めぐりの1蔵目におすすめの壱岐の蔵酒造

芦辺町にある壱岐の蔵酒造では、事前に電話をすれば蔵の方が貯蔵庫などを案内してくれます。焼酎造りの時期と合えば仕込み中にお酒が発酵している様子などをも見ることができます。麦やお米のやさしい香りが広がり、プクプク発酵しているところを実際に見れるのはとても貴重!

壱岐焼酎の製造工程や麹のことなど、初心者にもわかりやすく丁寧に教えてくださるので、蔵めぐりのスタート時に訪れるのがおすすめです。

ひと通り回った後は、おまちかねの試飲タイム。色々な種類のお酒を、地下水の仕込み水(マザーウォーター)で割りながら楽しむことができます。美味しく楽しい蔵めぐりについついペースがあがってしまいそうですが、ゆっくり自分のペースで楽しんでくださいね。

 

<壱岐の蔵酒造株式会社> 
壱岐市芦辺町湯岳本村触520
TEL/0920-45-2111
蔵見学時間/9:00~16:30 
予約窓口/0120-595-373(受付時間:8:30~17:00)
ホームページ/http://ikinokura.co.jp/

壱岐焼酎の歴史を知ることができる玄海酒造

続いて、伝統を守りながら焼酎づくりをしている玄海酒造。むぎ焼酎「壱岐」などの銘柄が人気の酒蔵です。建物のなかに焼酎資料館があり、資料や昔の器具などを見ることができます。歴史ある壱岐焼酎の奥深さを知りたい人には特におすすめです。

玄海酒造にも試飲販売コーナーがありますので、色々試して好みのお酒を見つけてみてくださいね。

<玄海酒造株式会社> 
壱岐市郷ノ浦町志原西触550-1 
TEL/0920-47-0160
焼酎資料館(入場無料)/[月〜土]9:00~17:00、[日]10:00~16:00
休館日/8月15日、年末年始
ホームページ/https://www.mugishochu-iki.com/index.html

他にも魅力的な酒蔵がたくさん

ほかにも、壱岐では最も古いカメ仕込の山の守酒造や、常圧蒸留でつくられる奥深い味わいの銘柄「海鴉(ウミガラス)」が人気の壱岐の華、伝統的な手仕事での焼酎づくりと壱岐唯一の日本酒蔵をもつ重家酒造、小説家の開高健にも愛され上圧蒸留の焼酎を熟成させた銘柄が揃う天の川酒造、独自の蒸留法で米や麦の香りや味わいをだす猿川伊豆酒造など、個性豊かな酒蔵が点在しています。

タイミングに恵まれれば蔵元さんとお会いできることも。ぜひ回ってみてください。

<壱岐焼酎の酒蔵一覧>

天の川酒造株式会社 郷ノ浦町田中触808 / 0920-47-0108

株式会社壱岐の華 芦辺町諸吉二亦触1664-1/ 0920-45-0041

重家(おもや)酒造株式会社 石田町印通寺浦200 / 0920-44-5002

猿川伊豆(さるこういず)酒造 / 芦辺町深江本村触1402-1 / 0920-45-0200

有限会社山の守酒造場 / 郷ノ浦町志原西触85 / 0920-47-0301

壱岐には7蔵のお酒が飲み比べられる居酒屋も♪

ちなみに毎年7月1日は「壱岐焼酎の日」です♪

一口に壱岐焼酎といっても、原料となる大麦や米麹、そして壱岐独特の製法などは蔵元やさらにお酒の種類によって異なり、それぞれが個性豊かな味わいに仕上がります。

食事に合わせたいスッキリした味わいのものから、ゆっくり香りやコクを楽しみたいものまでさまざま。

壱岐のお食事処では、7蔵すべての焼酎を揃えているところも多いので、蔵巡りの締めには壱岐グルメに舌づつみを打ちながら、お気に入りの焼酎を味わってくださいね。