Re島ブログReto-Channel Blog

一度食べたら忘れられない。五島牧場が作り出す”ほんもの”の無添加ソーセージ&ハムが生まれる現場を訪問

  • はてなブックマークに登録
  • Pocketに保存する
  • LINEに送る

訪れた土地ならではの「お土産」は、帰宅した後でもその余韻を楽しめる旅行の醍醐味です。今回は五島土産としてぜひおすすめしたい、歴史ある島の逸品を地元ライターがご紹介します。

 五島市へのアクセス情報はこちらから>>
(文・写真 五島市ライター 都久美)

一度食べたら忘れられない”ほんもの”の味

今回、訪れたのは五島市三井楽に工房を構える「五島牧場」。牧場といっても畜産や酪農ではなく、ハムやソーセージ、バターなどの製造・販売を行っている会社です。

社長の中村嘉孝さんと奥様で専務の珠子さんは、1977年に福江島へ移住。

当時、珠子さんの叔父が五島の商工会議所に携わっており、島の成長産業として食肉加工の工場を福江島に持ってくる計画を立てていました。しかし、ハムを製造するためにはおよそ2万頭の豚が必要だったため、まずはこの土地で豚を育てることに。

「いい製品はいい原料から」をモットーに中村夫妻は養豚業をスタートさせました。

 

親豚には名前を付けたりと、飼育する豚を可愛がっていた中村夫妻。「歩くとね、ちょこちょこと豚が後ろをついてきたのよ」と珠子さんは顔をほころばせます。

 

そして、自分たちが愛情を込めて育てた豚をおいしく食べてもらうために、「悪いものは一切加えない“ほんものの無添加”」にこだわった、ハムやソーセージの製造を1980年に開始しました。

その後、人手と後継者不足のために、養豚業は3年前に廃業。

現在は五島の豊かな自然の中でのびのびと育った新鮮な豚のブロック肉を仕入れ、製造3名、事務3名の計6名の社員で精肉や加工肉の製造・販売を行っています。

そして、80歳を超えてもなお現役で活躍する中村夫妻を支えるのは、今年5月に福岡から移住してきた以西(いさい)夫妻。

2人は当時、暮らしていた福岡のスーパーで五島牧場の商品と出会い、そのおいしさからすっかりファンに。詳しく調べたところ、五島牧場が抱える後継者不足の問題を知り、転職と移住を決めました。

 

現在、五島牧場ではハムやソーセージ、バターやお惣菜など、30種を超える商品が作られ、精肉の取り扱いも行っています。製品はすべて冷凍保存ができるため、お中元やお歳暮のシーズンは、詰め合わせギフトの注文が殺到するそう。

そんな五島牧場がいちばん大事にしているのは、やはり“ほんものの無添加”であること。一般的には商品の裏側に貼られている原材料名のシールも、五島牧場ではすべて「表側」に貼っています。

これには「裏側が本当の表」という五島牧場の思いが込められており、「悪いものは一切使っていない」という自信と商品への誇りがあるから。

 

主にハムやソーセージの製造は、すべて手作業。どの商品もじっくり丁寧に時間と手間ひまをかけて作り上げられるので、ジュ―シーで香り高い味わいが実現します。

数ある商品の中でも、一番人気の逸品は「まぼろしのバター」だそう。
さっぱりとしたフレッシュな味わいはバターの印象が覆るほど。焼いたトーストにたっぷりと塗るのはもちろん、五島らしく楽しむなら五島列島名産の「かんころ餅」にのせてトースターで焼くのもおすすめです。

五島牧場の商品は、主に通信販売がメインですが、実店舗でも購入可能。

取り扱い店舗や出張販売の情報は、以西さんが定期的に更新している五島牧場の公式InstagramやFacebookで紹介されているのでぜひチェックしてみてください。

五島牧場公式Instagram https://www.instagram.com/goto_farm/

「今後は、島内のレストランやパン屋さんとコラボメニューを企画したり、カフェでの委託販売などお土産として選んでもらう機会も増やしていけるよう取り組みたいです。 “ほんもの無添加”の味を島内にも島外にも広めていけるよう、良いものを作り続けていきたいですね」と、以西さんはこれからの意気込みを語ります。

来年で創業40年を迎える歴史ある五島牧場。

観光スポットとしても人気の高浜海水浴場がすぐ近くにある、美しい自然に囲まれた地域で生まれる「本物の味」は、素直で自然体。

中村夫妻と以西夫妻がつなぐ、変わらない製法と味わいは五島のお土産にぜひともおすすめしたい逸品です。

ご自宅で楽しむのはもちろん、大切な方への贈り物にも最適ですよ。

<五島牧場有限会社>
長崎県五島市三井楽町濱窄453
TEL:0120-84-3370
公式ホームページ:https://gotobokujyo.com/
オンラインショップ:http://shop.gotobokujyo.com/

<取扱店舗(記事掲載時)>
(五島市内)五島つばき空港、福江港ターミナル、五島がうまい、遣唐使ふるさと館
(五島市外)マキイ 山荘通り店(福岡県福岡市中央区)