Re島ブログReto-Channel Blog

1000年前の城跡にできた要塞。国境の島・対馬で歴史を体感する「砲台巡り」のススメ

  • はてなブックマークに登録
  • Pocketに保存する
  • LINEに送る

福岡空港からわずか35分で渡島できる対馬は、大陸までわずか50キロメートルの位置にある国境の島。地元ライターによる「対馬の砲台」からダイナミックな歴史を体感する島旅のススメ。

対馬へのアクセス情報はこちら>>

(取材・文 対馬ライター 佐々木達也)

砲台跡を巡り、日本の歴史に思いを馳せる

大陸と日本との間に位置する対馬は、人々の交流拠点になっていた一方、国を守るための防衛拠点としての一面も持っていました。今回は、「防人(さきもり)の島」として見る対馬を紹介します。

まずは、日本城郭協会の「続日本100名城」にも選ばれる古代山城・金田城です。

別名「かなたのき」と呼ばれる金田城は、663年、日本と百済遺民の連合軍と、唐と新羅連合軍が戦った「白村江(はくそんこう)の戦い」の後に築かれました。

大陸からの侵攻に備えるために築城され、1350年以上たった今でも、当時の城壁の一部が残っています。

時代は移り明治時代に入ると、金田城跡をはじめ、島のいたるところに外国からの脅威に備えるための防衛拠点として、砲台が作られ「対馬要塞」と呼ばれように。

明治政府は、対馬の重要性に早くから着目していたので、対馬要塞は、首都の守りを固める東京湾要塞に次いで全国で2番目に整備が始められました。

明治20年~昭和14年にかけて対馬に造られた砲台は、なんと31カ所。その砲台のあとが今も対馬に残っているのです。

対馬で最初に造られた砲台の1つが「芋崎砲台」。対馬空港から車で30分ほど走り、さらに歩くこと30分ほどすると、茂みの中に突如として石積みの構造物が目に入ります。

ここは、日清戦争前の明治20年から1年をかけて造られた砲台で、28センチ榴弾砲という大砲が4門備えられていました。

石で造られた弾薬庫などが当時の面影を残しています。また、奥に進むとレンガで造られた部分が見えてきます。拡張工事で造られた部分ですが、石とレンガが混在した砲台は、全国的に見ても珍しいものです。

芋崎は、対馬の中央部にある浅茅湾の入り口に近い場所にあり、朝鮮半島がよく見える場所にあります。

実はこの場所、幕末にはロシアの軍艦に半年間占拠された事件の舞台でもあります。砲台の場所からさらに降りた海岸近くには、占拠中に造られた井戸が今も残っています。

「歩くのはちょっと......」という方は、島の北部の上対馬町豊地区にある豊砲台もオススメです。駐車場からすぐ近くに砲台の入り口があり、中に入ることができます。

ここは、昭和4年から5年をかけて造られた砲台で、ワシントン海軍軍縮条約によって不要となった巡洋戦艦「赤城」のの45口径砲 塔40.6センチカノン2門が据え付けられていました。当時としては世界最大の巨砲。

実戦で使われたことはありませんでしたが、訓練で撃った時の衝撃は、住民たちに地震が起きたと思わせるほど凄まじかったそうです。

そのほか、厳原町に近い上見坂公園、展望台があり、浅茅湾や韓半島が見えるスポットなのですが、少し奥に行くと、上見坂堡塁があります。ここは、砲座のほかにも弾薬庫などの建物も残っています。
砲台跡は、街から離れた場所にあるので、レンタカーやタクシーで向かう必要がある場所ばかりなのですが、自然の中に突然現れる構造物や、役割を終えて70年以上も経つことから、人が作ったものを自然が飲み込んでいくような姿を見ることができます。

対馬の砲台巡りに出掛けるなら、砲台好き、対馬好きの人たちがまとめたガイドブック(PDF)をぜひ参考にしてみてください。

対馬砲台あるき砲台~対馬要塞まるわかりガイドブック~(対馬観光物産協会)

 


この春、Re島に出掛けませんか?

「私がおススメする対馬の冬は、脂がのった海の幸。お刺身だけでなく、対馬でしか食べられない郷土料理で!」(対馬ライター 佐々木達也)

>> ご予約はこちらから♪

●Yahoo!トラベル
「九州の離島を楽しむ旅 Re島特別プラン販売中」

●るるぶトラベル
「福岡からRe島へ行こう!」

●じゃらん
「福岡からRe島へ行こう!」