Re島ブログReto-Channel Blog

壱岐島のお酒と料理と人に酔いしれたい。女性ライターが島のほろ酔い「はしご酒」を体験♪

  • はてなブックマークに登録
  • Pocketに保存する
  • LINEに送る

壱岐島で過ごす夜のお供には、壱岐焼酎や日本酒、新鮮なお魚、お肉、お野菜がいっぱい。1軒でゆっくりお食事をするのも良いですが、壱岐には港からすぐの郷ノ浦(ごうのうら)の街にはお店がたくさんあるので、何軒も飲み歩いてみるのもおすすめなんです。酒どころ壱岐でのはしご酒を、ほろよい地元ライターが紹介します。


壱岐島へのアクセス情報はこちら>>
(取材・文 壱岐島ライター 渡辺菜津美)

いざ、島の「はしご酒」へ

旅先の夜は、お宿でゆっくりと贅沢なひとときを過ごすことはもちろん、地元の人が集う場所でお酒にごはんに舌鼓を打つのもまたいいですよね。今回は、ふらりと飲み歩きたくなるお店を、壱岐の玄関口の郷ノ浦港からほど近い、郷ノ浦の街からお届けします。

郷ノ浦のお店をよくはしご酒するという先輩にお店を紹介していただき、私と同じく島外から移住してきた友人と一緒に巡りました。

大きな大将の顔が目印!お食事処「太郎」へ

大きなお顔が目印の「太郎」の暖簾をくぐれば、看板そっくりな大将が出迎えてくれました。壱岐島定番のお魚料理から、郷土料理の鶏鍋「ひきとおし」まで揃うお食事どころです。

おいしい料理と合わせて飲みたいのは、やはり壱岐焼酎。壱岐には壱岐焼酎の蔵が7つあるのでどのお酒を味わおうか毎回迷うのですが、この日頼んだのは壱岐の華酒造の「海鴉(ウミガラス)」。

1軒目なので、お刺身を肴に爽やかな炭酸割でいただきます。

定番のお料理はもちろん、お手製のすり身はまた絶品。

揚げすり身もおいしいのですが、しょうが醤油でいただく「ゆですり身」でいただくのがおすすめ。焼酎のお供に、ぜひ。

「今日は春巻きがあるよ~」と女将さんに言われ、注文。こういうアットホームな雰囲気もいいですよね。

■お食事処 太郎
住所:壱岐市郷ノ浦町本村触519(郷ノ浦港より徒歩10分)
電話番号:0920-47-4038
営業時間:11:00~14:00 / 17:00~24:00
定休日:第2・第4日曜日(都合により変更あり)

カウンターで楽しみたい!絶品のお魚を「まる辰」で

ほろ酔い気分で「太郎」から歩いて5分弱。地元では美しすぎる「イカのお造り」を出すお店として有名な「まる辰」へ向かいます。

カウンターは席数が限られているので、早い時間か、ちょっと時間をずらして行くのがおすすめです。

乾杯は、壱岐島で造られた日本酒「よこやまシルバー」で。

この日は名物の「イカのお造り」はなかったので、お刺身をおまかせで(イカは4月~11月に)。

お魚ごとに、美味しさを活かすための技が素晴らしく、食べるたびに嬉しくなるおいしさで、お酒もついつい進んでしまいます。

「美味しいのは、壱岐でとれる素材がいいから」とさらりと話す大将。

旬のイカやお魚はもちろんのこと、壱岐産のお肉や旬のお野菜などの素材もたのしめるのも「まる辰」の魅力です。

■お食事処 まる辰
住所:壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦47(郷ノ浦本町バス停すぐ)
電話番号:0920-47-6607
営業時間:17:00~23:00
定休日:日曜日

はしご酒の〆といえばとろろラーメン!?

最後に訪れたのは、「まる辰」から道路を挟んで向かい側にある「髭」。

店名のとおり、髭をはやした大将と女将さん、息子さんの親子2代が出迎えてくれます。

焼き鳥などの定番メニューから、締めのラーメンまで。オープンするのが20時なので、2軒目や遅めのごはん、〆の1軒にぴったりのお店です。

この日、私がはしご酒の〆に選んだのは「髭」の絶品とろろラーメン!

とろろは「山芋」のことで、地元民の間で定番化している山芋ラーメンなのですが、実はメニューにあるのではなく「ラーメン」と「山芋」を単品で頼む一品なのです。

注文すると、大将がすりおろしたてのとろろを出してくれるので、つけ麺のようにとろろにラーメンを浸したり、ラーメンにとろろをぶっかけて食べたり......。どちらもとっても美味しいので、ぜひお試しくださいね。

〆といいつつ、ちゃっかりビールも。たのしい郷ノ浦のはしご酒は、これにてお開きになりました。

■居酒屋 髭
住所:壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦25(郷ノ浦本町バス停すぐ)
電話番号:0920-47-0388
営業時間:20:00~2:00
定休日:日曜日

ご紹介したお店はもちろんのこと、郷ノ浦他にもおいしいお店がたくさんあります。壱岐島で過ごす夜には、うまいお酒と肴と、壱岐の魅力的な人たちに酔いしれるはしご酒はいかがでしょうか。


この春、Re島へ出掛けませんか?

「この春は壱岐に来ませんか? 3月は美しい海に映える海桜を愛でるお花見クルーズも楽しめますよ♪」(壱岐島ライター 渡辺菜津美)

>> ご予約はこちらから♪

●Yahoo!トラベル
「九州の離島を楽しむ旅 Re島特別プラン販売中」

●るるぶトラベル
「福岡からRe島へ行こう!」

●じゃらん
「福岡からRe島へ行こう!」