Re島ブログReto-Channel Blog

四季折々に変化する五島列島・福江島のシンボル「鬼岳(おにだけ)」を楽しもう!

  • はてなブックマークに登録
  • Pocketに保存する
  • LINEに送る

五島市を訪れる際、船からも飛行機からも、島に近づくと目に留まる山があります。それが五島の名所でもあり、シンボルとも言われる鬼岳(おにだけ)。今回は、昼も夜も楽しめる鬼岳の魅力を地元ライターがご紹介します。

五島市へのアクセス情報はこちらから>>

(文・五島市ライター 藤田佳子)

なだらかな形状が美しい鬼岳。

鬼岳は標高315メートルの火山です。火山といえど、有史以降の記録に残る火山活動はなく、普段は青々とした芝生に覆われた山です。

木々が無いため、鬼岳からは福江島の町並を360度で見渡すことができ、また島内様々な場所からも、山の形をそのまま眺めることができます。

夏場は青々とした鬼岳ですが、冬になると芝が枯れて、茶色い山肌に変わります。五島に暮らす私たちはドライブの途中、鬼岳の色の変化で四季の移り変わりを感じたりしています。

イベントも行われ、市民憩いの場にも

5月上旬の「こどもの日」付近には鬼岳で「こども自然公園大会」が行われます。

凧揚げ大会や、クラフト教室、草スキーなどが行われ、多くの家族連れで賑わい、中には五島の民芸品である「バラモン凧」を揚げる方もいて、空高く舞う凧は圧巻です。

バラモン凧は、初節句の子の厄払いや、立身出世、そして無事に成長することを祈願し、親が子供に作ってあげていた民芸品。凧の上部には弓が張られ、風に舞うと「ブーン」という音が鳴るのも特徴です。

ゴールデンウィークに五島へお越しの際は、是非足を運んでみてください。

見晴らし抜群の展望所、そして山頂は火口のなごりも

鬼岳に到着し、階段を登ると小さな展望所があります。

福江港や、田畑、遠くには五島列島の他の島々や、岐宿・三井楽地区など、360度五島を見渡すことができます。天気の良い日には、お弁当などを購入してピクニックという楽しみ方も。

展望所から山頂までは歩いて登ることができ、登りきると、そこには谷間が。火山の名残として山頂はくぼんでおり、中まで芝生が広がっています。山頂はやや風を受けますが、火口までおりると、穏やか。芝生に寝そべると、そこには緑と青空しか無い世界が広がります。

風を受ける草原の音、鳥の鳴き声.......。 とっても開放的な心地になること、間違いなしです。

一度は見て欲しい、鬼岳からの満天の星空!

五島列島福江島は、日本の中でも西端に位置する島。関東や関西では観察できない星も見ることができます。

鬼岳から見上げる星空は本当に格別です。特に月明かりが無く、空気が澄んでいる日は、思わず「わぁ......」と声が漏れてしまう、言葉では言い表せない美しさです。

※展望所までの道のりは街灯がありません。月明かりなどなく、特に暗い夜は、足元お気を付けくださいね。

星空ナイトツアーもおすすめ

鬼岳には、天文台もあります。口径60センチのニュートン式反射望遠鏡を保有し、時期が良ければ、土星の輪や、木星の縞模様なども観察することができます。

星座の説明と、天文台での宇宙鑑賞をじっくりと楽しみたい方は、星空ナイトツアーがおすすめ!9月~3月の、木・金・土曜日の日程で実施されており、1名から予約可能。福江の中心地からも送迎があるので、夜道の運転の不安もなく便利です。

星空ナイトツアーの詳細はこちらからご覧ください。

鬼岳が火の山に?数年に一度の風物詩

2018年2月には、2年ぶりとなる「山焼き」が行われました。夕方18時、鬼岳のふもとあたりに点々と火が灯ると、あっという間に山頂に向かって赤い筋が伸びていきます。そして次第に山頂全体に炎が行き渡りまさに火の山に。

山焼きは害虫対策、火災防止、草原景観の保持のために数年に一度行われている行事で、福江地区の消防団が鬼岳の周りを囲み、一斉に点火。次第に暮れゆく夜空が赤く照らされる様子は、なかなか見ることのできない景色です。

旅行の際、もしもこの行事日程に重なったら、鬼岳を臨む場所から赤い鬼岳を鑑賞してみてください。

個人的鬼岳ビュースポット

様々な場所から見ることができる鬼岳ですが、個人的に好きなスポットをいくつかご紹介します。

まずは、スポット指定はできないのですが、畑越しの鬼岳。鬼岳のふもと一帯は畑が多いので、四季折々の農作物とその背景にドンとそびえる鬼岳はなんとも素敵な光景です。

そして飛行機から見る鬼岳。天気が良い日に福江島へ飛行機でくると、着陸直前に鬼岳を見下ろすことができます。

私たち住民は、鬼岳を見ると「帰ってきたなぁ」と感じます。

そんな五島のシンボル鬼岳。福江島の中心地からも近いので、是非訪れてみてくださいね。

この春、Re島に出掛けませんか?

空海が遣唐使として異国に発ち、「辞本涯」の碑がある三井楽町柏。彼の決意を水平線に追想してみませんか。

>> ご予約はこちらから♪

●Yahoo!トラベル
「九州の離島を楽しむ旅 Re島特別プラン販売中」

●るるぶトラベル
「福岡からRe島へ行こう!」

●じゃらん
「福岡からRe島へ行こう!」