Re島ブログReto-Channel Blog

五島市でキャンプしてみたら最高だった!

  • はてなブックマークに登録
  • Pocketに保存する
  • LINEに送る

きれいな海、広大な自然…そんな五島にいるのに、キャンプしないのはもったいない!

五島在住1年弱、キャンプ初心者の私が五島でキャンプに初挑戦してみました。結論から言います……めっちゃよかった!

五島市へのアクセス情報はこちらから>>

(文・五島市ライター 玉井 幸助)

 

海も鬼岳もBBQも楽しめる「さんさん富江キャンプ村」

さんさん富江キャンプ村は、福江港から車で30分ほどの富江という地区にあります。

ここの魅力は、キャンプ場の側から海、そして福江島のシンボル鬼岳を望める絶景スポットだということ。

さらにありがたいのは、レンタルサービスが充実していること。テント、BBQ台、炭など、キャンプに必要な物の、ほぼすべてを貸し出ししているので、自前で用意しなくてもキャンプを楽しめます。(レンタル用品について、詳しい情報は問い合わせが必要です。)

meiさん

私は、自前のテントを持っていないので、当日は借りることに。

さらに、「せっかくキャンプするなら…」と今回は友達を呼んでバーベキューも予約し、いざキャンプへ。

まずは受付をするため管理棟へ。車を近くの駐車場に停めて歩きます。

受付を済ませ、テント等のレンタル用品を受取りました。

meiさん

さんさん富江キャンプ村の中には、様々なエリアがあり、場所を選ぶことができます。

海に近い場所、キャンプファイアーができるスポットがある場所、宿泊用バンガローが近い場所。テントを張るのを推奨している、テントサイトのエリアもあります。

管理棟の裏が屋根付きの多目的スペースになっており、今回はそこで、テントを張り、バーベキューをすることに。

五島市 福江島

テント張り初心者の私は、友人に教えてもらい無事15分ほどでできました。

テントを張ったことがない人は、予習して行ったり、熟練者に教えてもらうのをお勧めします。

あと、テントを張る作業はぜひ日の出ているうちに!

五島市 福江島

徐々に参加者が集まってきました。椅子やテーブルもレンタル可能なので、様々な人数に対応できます。

五島市 福江島

難所と思っていた火付けも、管理人さんが着火剤を囲むように木を組んで行う方法や、友人のバーナーを使った方法であっという間。

みな食材だけを持ち寄り、バーベキュー開始です。

五島市 福江島

バーベキューの盛り上がりと共に夜は深まり、最後は火を囲みながらおしゃべりをしていました。

お互いの過去のこと、社会に対する考え方…普段はあまり喋れないようなことも、真っ暗な野外で火を囲むと自然と会話が弾みました。

五島市 福江島

ふと夜空を見上げると、無数の星。

周りに電灯や家屋の光がまったくないので、星空が一層際立ちます。

僕の住んでいた地元では絶対に見られない光景…今回、五島でキャンプできてよかったと感じながら、良い夜の締めくくりになりました。

五島市 福江島

解散し、テントへ。

多人数用のテントなので、かなり広々していて快適。10月は夜が肌寒いので、テントの中で寝られるかが気になってましたが、上着をきたまま寝袋に入ると、ホクホク温かい。全く問題ありませんでした。

目を閉じると、静寂の中から、ザザァ、ザザァと波の音が聞こえてきます。

海の近くのキャンプっていいな…と思いながら、気がつけば眠りについていました。

五島市 福江島

朝になると、朝日がテントを包み、中がほのかに明るくなります。

いつもより早い時間に、自然と目が覚めました。野外で眠ると、健康的な時間に起きられそうです。そしてテントから出ると、朝の景色がまたいい!

眼の前には日に照らされて反射する海原。風がさわっと吹き抜けて、朝日が温かい。

さらにシャキッと目が覚めました。

五島市 福江島

ついにキャンプも終了です。

まずはテントの分解。骨組みを抜いていくだけで、3分ほどで終了しました。そしてバーベキューの片付け。バーベキュー台や炭をどうすればいいか管理人さんに尋ねると「僕らが片付けるので、そのままで大丈夫ですよ」とゴミ出しだけで作業終了でした。

本当に身一つで来て、身一つで帰れるサービスは助かります!!

木場泉さん

はじめてのキャンプ体験。冒頭に書いたとおり、とてもよかった!

何よりロケーションが最高ですね。広がる芝生から、海と山が見渡せるこの場所は、特に朝の気持ち良さが本当にいい。これはキャンプの特権です。

また、キャンプ場の方が親切だったので、初心者でもほとんど困ることなくキャンプを進められました。

木場泉さん

秋場のキャンプでしたが、上着を+1枚する等の防寒対策をすれば全く問題なく、火を焚いたり、バーベキューをすると、その辺りはかなり暖かいです。

テント泊もファスナーを締めて密閉し、冬用の寝袋を使えばかなり快適です。

初めての体験でしたが、存分に楽しめました。

自然の中に泊まるからこその新しい発見がたくさん。五島にきたら、ぜひキャンプを!オススメです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さんさん富江キャンプ村

住所:長崎県五島市富江町土取1333Googlemap

電話番号:0959-86-2920

アクセス:福江港より車で約30分、福江空港より車で約30分

HP:http://www.sansan-tomie.jp/


Re島を更に詳しく

>> ご予約はこちらから♪

●Yahoo!トラベル
「九州の離島を楽しむ旅 Re島特別プラン販売中」

●るるぶトラベル
「福岡からRe島へ行こう!」

●じゃらん
「福岡からRe島へ行こう!」