Re島ブログReto-Channel Blog

【新上五島町の漁業】定置網漁に密着!

  • はてなブックマークに登録
  • Pocketに保存する
  • LINEに送る

長崎県の五島列島といえば日本有数の好漁場として知られています。

豊かな海に囲まれた新上五島町では、伝統的に定置網漁が盛んに行われてきました。今回はそんな新上五島町での定置網漁のリアルを水産課で活動をしている地域おこし協力隊が紹介します。

 

新上五島町へのアクセス情報はこちらをクリック >>

(新上五島町 地域おこし協力隊:豊﨑洸太)

五島列島の魚が美味しい理由

 

 五島列島近海は魚の聖地とも言われるくらい美味しい魚がたくさん獲れます。

その理由は五島近海が恵まれた自然条件が揃っているからです。

 五島近海は黒潮の分流が北上する対馬海流と南下してくる寒流のリマン海流がぶつかることで大量のプランクトンを発生させ、それをエサとする多種多様な魚が集まります。

 栄養が豊富な海で育った魚は良質な脂がのっており、近海の流れの速い海で鍛えられて身が引き締まり旨味も濃いです。

定置網漁とは

 上五島の近海では陸から見えるような近場の定置網にもびっくりするほど色々な魚や大きな魚が入ってきます。そして、島の北部から南部まで多くの場所で定置網漁が行われており、毎日たくさんの魚が水揚げされ出荷されています。

 

 定置網漁とは、魚が沖に泳いでいく習性と物に沿って泳ぐ習性を利用しており、大きな網を海に仕掛けて魚が泳いで入ってくるのを待つ漁の手法です。魚は陸に向かって仕掛けられている「道網」にぶつかるとそのまま運動場に入っていきます。 網の中に入った魚はどんどん奥に入っていき、最終的に一番奥にある「箱網」の中で、行き場がなくなってしまい、水揚げされます。

引用先

https://www.hokumo.net/fishery/possible/about.html

定置網漁師の日常

 上五島で獲れた魚は運搬船や定期フェリー便で、大きな市場がある福岡や長崎に運ばれていきます。漁師さんは船の時間に間に合わせるために朝早くから漁に出ていき、急いで箱に詰めて出荷をします。

 漁師さんたちは朝の6時過ぎには船に乗り,、近海に仕掛けられた定置網に向かって船を走らせます。

沖に定置網が仕掛けられています

定置網に到着したあとは機械と漁師さん達が箱網を絞っていき、1か所に集められた魚が次々と水揚げされていきます。

網を手繰り寄せて魚を1か所に集めます

 

 

 定置網での漁が終わったら、すぐに港に戻り、みんなで出荷の時間に間に合うように陸にあげられた魚を箱に詰めていきます。

水揚げの作業が終わると、漁師さんたちは網の入れ替えや網が破れた箇所の修繕などの網作業を行います。

水揚げの様子

漁師さんは天気が優れない時も同じように作業を行っており、本当にすごいなと毎日感じています。

 

上五島で獲れる魚

 

 上五島は恵まれた海に囲まれた地形であるため、年間を通して多くの種類の魚が漁獲されます。ここではその一部を紹介します。

  ①イカ類
   上五島は年間を通して様々な種類のイカが獲れます。九州方面では「水イカ」と呼ばれているアオリイカは甘味が強く、身もしっかりしており、刺身だけでなく一夜干しにしても美味しいです。

 冬から春にかけては「ヤリイカ」や「スルメイカ」も定置網に入ってきます。

 獲れたてのイカは本当においしくて、上五島に移住をしてすぐに食べた時は衝撃を受けた美味しさでした。

 

アオリイカは甘みもあり絶品です。

 

②青物

  上五島では海流に乗って回遊をしてくるブリ、ヒラマサ、カンパチなどの青物も多く獲れます。

「ヒラマサ」は脂の乗りは季節によって異なりますが、年間を通して獲れ、スーパーに行くといつでも並んでいます。

 

 「カンパチ」は夏ごろになると2キロ程度の小型が多く定置網に入ってきます。

 小型でも味がしっかりしていて、刺身だけでなく塩焼きなどで食べても絶品です。

小型のカンパチは「ネリゴ」と呼ばれます

「ブリ」は年間を通して獲れますが、冬場に獲れる「寒ブリ」と呼ばれる10キロ近いブリは脂の乗りも最高で1年間で1番美味しいです。

上五島の寒ブリは絶品です

 

③クロ

 クロは関東では「メジナ」、関西では「グレ」と呼ばれており冬が旬の魚です。冬になると「寒グロ」と呼ばれ脂の乗りもよく定置網でも多く漁獲されます。

冬のクロは脂が乗って美味しいです

時にはこんな大物まで!

 

 上五島の定置網には陸から見える距離にある網とは思えないくらい大きな魚が入ります。時には200キロ以上のマグロが同じ日に何匹も獲れたり、200キロ以上のカジキマグロが獲れるときもあります。

 私も仕事で見たことがありますが、200キロを超える魚を水揚げする光景は迫力がすごく、貴重な経験になりました!

200キロ以上のマグロが何匹も入る時もありました

 

 定置網は基本的には魚が入ってくるのを待つ漁の方法です。近場に仕掛けている網にこれだけ大きな魚や美味しい魚が入るのは、上五島が恵まれた海に囲まれているからこそです。

 しかし、近年は定置網の漁師さんの高齢化が進み、人手不足も大きな課題になっています。

 今回の記事をきっかけに、少しでも上五島の水産業に関心を持ってくれる人が1人でもいれば嬉しく思います。

 

上五島の魚を食べるには?

 

 上五島で獲れた魚はその多くが長崎や福岡の大きな市場に送られるため、今までは直接島外の方が新鮮な魚を食べる機会は少ない印象でした。

 そこで上五島の海産物を多くの方に知っていただくため、地域おこし協力隊員が発案した鮮魚BOXの販売をスタートしました!

鮮魚BOXの例

 

 現状は上五島から翌日着の地域のみになりますが、獲れたてをプロが処理をした魚が翌日には家庭で楽しむことができます。

 是非、上五島の恵まれた海で獲れたお魚を楽しんではいかがでしょうか?

漁協HPはこちら!! >>

※発送より翌々日到着地域(北海道、沖縄、関東、信越、北陸)につきましては、品質保持の観点よりお断りさせて頂いております。