Re島ブログReto-Channel Blog

西部林道ウォーク - 前編|ぬんぬ(屋久島)#10

前回のあらすじ。
西部林道に向かう道のり、往路だけで神が大漁じゃ~!!!
旅の目標達成しまくりでテンションの上がるぬんぬ。
しかし体を動かす時間は、刻一刻と近づいていた……。

こんにちは。ぬんぬです。
いよいよ!西部林道ウォークの時間がやってまいりましたよ!
(テンションを上げている)

この西部林道ウォークは、山登りならぬ山下り。
屋久島は中央部が盛り上がっているため、
海を目指してせっせと林道を下っていきます。

「このコースなら、3歳でもいけますよ」と言い放ったのは、
屋久島生まれ、屋久島育ちのガイド・藤山さん。
おい。本当だな?

さてそんな西部林道沿い。
なんと明治30年まで村があり、人が暮らしていたんですって。
明治30年って結構最近じゃない……?

その村では炭焼きが主な産業だったということで、
ところどころにその頃の名残が見られます。

朽ちている炭焼き道具の数々!

東京女子Re島旅さん(@retochan.girl)が投稿した写真 -

そんな元集落をしり目に下りてくと、いかにも屋久島~なこんなスポットも!

すごい!すごく屋久島!
屋久島みがすごいっ!!
リアル『もののけ姫』!!!

しかし厳かな気持ちになるというよりも、
苔むした岩の上が滑るんじゃないかと騒ぎまくり。
台無しです!でも怖いんだ!

岩の上からの景色。ふつくしい!

東京女子Re島旅さん(@retochan.girl)が投稿した写真 -

小川の水は澄みきっていて、
そのまま飲んでもおいしくいただける。
ここでちょっとHP回復し、進軍を続けます。

さあ。そろそろ海も近くなってきてきた。
これゴールなんじゃない?と期待したところで……

岩登りイベントが発生しました。

すみません、こちら、写真がありません。
いやもう、、、、あまりにも余裕なくて!

岩の上で笑顔のガイドさん。野生か!

東京女子Re島旅さん(@retochan.girl)が投稿した写真 -

何ってただ、岩の上に登るだけなんですが、
めちゃくちゃ怖かった。。。
だって手すりとかないんだよ……?
ここから落ちたら……という想像で、足がガクガク震え。。。

絶対に落ちるまい!生きて帰るんだ!
と岩にしがみついた結果、履いていたタイツが岩にこすれて
ビリビリになりました……

結構いいやつなのに!

東京女子Re島旅さん(@retochan.girl)が投稿した写真 -

3歳でも歩けるコースと煽ったあげく、
満面の笑みで断崖に誘う藤山さん。

こんな爽やかでドSなガイドさんと歩けるのは、
屋久島だけっ!!!

(つづく)