Re島ブログReto-Channel Blog

猿みたいな巨岩、その名も猿岩

  • はてなブックマークに登録
  • Pocketに保存する
  • LINEに送る

高さ45mの自然の造形美。

郷ノ浦町の黒崎半島のさらに先端にある、高さ45mの海蝕崖の玄武岩。

壱岐市の人気観光スポット「猿岩」には、その見た目の珍しさと可愛らしさから、多くの観光客が訪れます。

壱岐島誕生の神話によると、
「壱岐の国は生き島である。神様が海の中でこの島をお産みになったとき、
流されてしまわないようにと八本の柱を立てて繋ぎました。
その柱は折れ残り、今も岩となって折柱(おればしら)といわれている」 
とあり、その八本の柱のひとつがこの猿岩です。

駐車場近くの壱岐市アンテナショップ「お猿のかご屋」には、猿岩にちなんだお猿グッズや、地元の手作りスイーツがたくさん。

お猿さん好きの方も、スイーツでほっこりしたい方も、壱岐にお越しの際はぜひ訪れてほしい絶景スポットです。