Re島ブログReto-Channel Blog

新上五島町一のディープスポット|だんだん(新上五島町)#11

  • はてなブックマークに登録
  • Pocketに保存する
  • LINEに送る

昨晩までの、可愛いホテルで女子旅♡な気分から一転して、今日はこんな漁船に乗った。

参加したのは、キリシタン洞窟クルーズツアー。

 

明治時代に迫害を受けたキリスト教信者の人たちが、船でしか行けない断崖絶壁の洞窟に隠れて暮らした歴史があるそうで、その洞窟を見学できるというツアー。

 

先ほどの船に乗り、強風に吹かれること約10分。

こんな場所に到着!

け、険しい…。

この奥に洞窟があるそうで、歩いて行かなくちゃいけない。

スニーカーできて本当によかった…。軍手欲しい…。

岩を登って降りて、奥へ奥へと進む。

真っ暗な洞窟。気をぬくとコケそうでこわい。

洞窟の壁をよく見ると、何かを彫った跡が。

マリア様…?十字架…?

あぁ、本当に人が住んでたんだ…。ここでお祈りしてたのかな。

 

ここにいた人たちは、最終的に朝食を作る時の煙を漁師に目撃されたことをきっかけに、捕まってしまったそう…。

悲しい歴史の場所でもあるんだなぁ。

 

帰りの船で運転手さんに話しかけてみたところ、

なんとこの方、隠れキリシタンの子孫であることが発覚。

しかも、今も普通の「キリスト教徒」ではなく「隠れキリシタン」として生活してるんだって。

キリスト教が迫害されない現代になぜ「隠れキリシタン」を続けるのか?

それは、先祖の方が命をかけて守った信仰だからだそう。

お祈りの言葉や儀式も、キリスト教とは少し違うんだって。

全然知らなかった…。

 

「この船には、マリア様の形をしたシミがあるんです。」と言って、こんなものを見せてくれた。

今は青いけど、時々赤く変色することがあって、とても大切なものなんだそう。確かに人の形に見える。

 

普段宗教や歴史のことなんて考えもしない私には、なんだかカルチャーショックでした。

あぁ歴史って、フィクションじゃないし、今に続いてるんだなぁ。

信仰心ってとても純粋なエネルギーなんだなぁ。と…。

 

自分には無い価値観に触れることは旅の醍醐味というけど、今回の体験はまさにそんな感じ。

私にとっては、こういうことが一番のときめきかも。

 

(つづく)