Re島ブログReto-Channel Blog

モスオーシャンハウス|ぬんぬ(屋久島)#13

  • はてなブックマークに登録
  • Pocketに保存する
  • LINEに送る

前回のあらすじ。

野生に触れまくった西部林道ウォークを終え、温泉でひとっ風呂。
火照った体をジェラートで冷やし、さあ文明社会に戻ってきたぞ。
次の行く先は一体……!?

 

 

こんにちは。ぬんぬです。
二日目の夜にお世話になったのはこちら!

モスオーシャンハウスさん。

初日に泊まったラ・イスラ・タセはかなりのお洒落ホテルでしたが、
さて。こちらはと言うと……!?

フロント兼レストラン兼カフェな空間。

Re島PROJECT『東京女子旅』さん(@retochan.girl)が投稿した写真 -

本館直結の和室。かわいいベッドの洋室もありました。

Re島PROJECT『東京女子旅』さん(@retochan.girl)が投稿した写真 -

これまた違うタイプのオシャレ&キレイ!!!
木のあたたかみがいい感じ~~~

屋久島では、縄文杉のコースをはじめガイド業が盛んなため、
複数のガイドクラブが存在します。

その中のひとつ、モスガイドクラブが経営しているのがモスオーシャンハウス。
こちらもともとはガイドさんの詰め所だったんだとか。

海側から見るとこんな感じ。

Re島PROJECT『東京女子旅』さん(@retochan.girl)が投稿した写真 -

縁側からは太平洋の雄大な景色が広がり、
ハンモックもぶら下がっていてリラックス~な感じ。

ここ、タイミングが合えば「月の出」がきれいに見えるんですって!
確かに月が出る瞬間って見たことない。。。
周りに明かりがない&海沿いの視界が広いからこそですねえ。

庭には看板犬のコタローちゃん。
(この後『お手』に失敗してTシャツを泥だらけにされる)
くう……この環境うらやましいなあ……!

 

チェックインのタイミングで、オーナーの今村さんとそのお子さんにお会いできました。
ものすっごくにこやかで、ハッピーオーラ満載の今村さん。

ああ、こんな方と山を歩きたい……

そして『はらぺこあおむし』の絵本を見せてくれるお子さん。

ああ、こんな息子が欲しい……

 

山と海と家族と。
にぎやかで幸せな暮らしを目の当たりにするぬんぬなのでした……

(つづく)